シューケアと修理で靴をいつでもきれいに保とう

せっかくのおしゃれも靴が汚れていたりくたびれていては台無しになってしまいます。

確かに靴はトップスやボトムスに比べると小さなファッションアイテムですが意外なほどに目立ち、オシャレのポイントにもなるのでシューケアと修理でいつでもきれいに保ちたいものです。

そこでシューケアと修理についてのコツを順番に説明していきます。

シューケアは靴が汚れる前に

せっかくのお気に入りの靴がダメになってしまう大きな原因のひとつが「靴が汚れが目立つようになってからシューケアをしている」からです。

これは服を例にあげるとわかりやすいですが、インナーなど汚れがつきやすいものは目に見える汚れがなくても着用ごとに洗濯をするのが一般的です。しかし、靴となると汚れが目立ってからやっと手入れをする人が多いのです。

こうして汚れを落とそうと必死になって靴を洗ったりするのですが、日々の着用で蓄積された汚れはなかなか簡単には落ちてくれません。そしてアッパーの甲の部分など目立つ場所についてしまった汚れが取れないと、他の部分はまだまだキレイなのに泣く泣く捨ててしまうという羽目にもなります。

こうしたことにならないように靴はレザーやキャンバスなど、どんな素材のものでも着用後は毎回お手入れするようにしましょう。

日々のシューケアのやり方について

日々のシューケアの基本となるのはブラッシングです。靴は着用するごとに目立たない汚れやほこりが付着するので、靴専用のブラシを使ってアッパーやソールをしっかりとブラッシングします。靴のブラッシングというと一般的にはレザーシューズをイメージするかもしれませんが、キャンパス地や化繊でできたスニーカーでも同じです。

なお、ブラシの素材には馬毛や豚毛などがありますが、汚れを落とすのに向いているのは硬い毛質の豚毛です。ブラシを手に持ったらまずは全体をさっとブラッシングし、次にアッパーとソールのつなぎ目など汚れが溜まりやすい箇所を丁寧に掃除していきます。

なお、目立った汚れがない場合には片足あたり1分ほどでも十分に汚れを落とすことができます。なお、雨の日の泥はねなどちょっとした汚れが目立つ時には歯ブラシや不要になった靴下やTシャツの生地などを使って汚れを落としていきます。

まずは歯ブラシを水に濡らして汚れた部分をこすり、汚れが浮いてきたら靴下などの生地で汚れた部分をポンポンと叩くように汚れを取っていきます。そしてあとは自然乾燥させます。日々のお手入れで洗剤を使うとすすぎが大変なので水だけでお手入れしましょう。

歯ブラシを使ったお手入れはキャンバス地や化繊に用いますが、レザーシューズのアッパーを歯ブラシで磨くと傷がついてしまいます。レザーシューズの場合、キャンバス地などに比べると汚れが浸透しづらいので目立つ汚れがついたらしっかり絞った布で汚れを拭き取りましょう。

そして、栄養クリームなどをブラシでしっかりと塗り込んでいきます。この時使うブラシは柔らかい馬毛のものを使います。先に紹介した豚毛のものを使って入念にクリームを塗り込む作業をするとアッパーに細かな傷がつきやすくなってしまいます。

また、汚れと同様に靴で気になることと言えば臭いです。靴の臭い対策で脱臭剤を靴の中に入れる場合がありますが、臭いの原因は靴の中にある汚れなのでこれだけでは臭いのもとを取るには不十分です。

そこで日々のお手入れによる臭い対策ではパソコンのキーボードの掃除などに使うエアーブラシを使います。使い方はエアーブラシで靴の中に溜まった汚れやほこりなどを飛ばし、浮き上がった汚れを布で拭き取るだけです。

これだけでも臭いの原因になる汚れの蓄積を防ぐことができます。

スニーカーの重点的なお手入れ方法

キャンバス地や化繊でできたスニーカーは目立った汚れの有無にかかわらず10回程度履いたら洗うことがおすすめです。着用回数は使用環境によって前後しますが、まずは定期的に洗うという習慣をつけることが大切です。

ではスニーカーの洗濯方法ですが、バケツなどにぬるま湯と中性洗剤を注ぎます。そして15分ほど靴を浸け置きします。これによって靴の汚れが格段に取れやすくなります。なお、紐がついている場合には紐を外してから浸け置きします。

そして浸け置きが終わったらたわしやブラシなどを使ってゴシゴシと洗います。特に洗いづらい靴の内部は歯ブラシなど小さなブラシを使って入念に洗っていきます。あとはしっかりとすすいで乾かすだけですが、洗濯機を使ってすすぎと脱水を行う方法もあります。

洗濯機を使う際の注意点ですが、靴は時間をかけて脱水しても中に水が残りやすいので脱水中に何度か洗濯機を一時停止し、靴の方向を変えると良いでしょう。また、靴を洗う時にも洗濯機を使うと細かい砂などが詰まり洗濯機が故障する恐れがあるのでおすすめしません。

レザーシューズの重点的なお手入れ

レザーシューズもスニーカー同様に10回ほど着用したら重点的に手入れをします。まずは日々のお手入れ同様にアッパーをブラッシングし、リムーバーと呼ばれる洗浄液を布に取り汚れを拭いていきます。次にソールを濡らした歯ブラシなどで擦って汚れを落とします。

レザーソールであってもソールには丈夫なレザーが使用されているので歯ブラシで擦って構いません。そして栄養クリームを塗り込みます。この時、紐も外してベロと呼ばれる紐の内側部分もきれいにするようにしましょう。

なお、レザーシューズは洗えないと思われがちですが、多くは専用の洗剤を使う事で水洗いが可能です。しかも、水洗いした方が革に水分が補給されて長持ちするとも言われています。洗濯方法もそれほど難しくなく洗剤を希釈した液体を霧吹きで全体に吹き付けてから次に希釈液をスポンジにとり、よく泡立ててから優しく洗っていきます。

あとは水でしっかりとすすぎ、タオルで余分な水分を拭き取ってから扇風機などを使って自然乾燥させるだけです。ただ、それでもレザーシューズを洗うのに抵抗があるようでしたら、靴の修理工などのプロにお願いすることをおすすめします。

気になる部分があれば早めに修理をしよう

靴はダメージが大きくなる前であれば簡単に修理ができますが、ダメージが大きくなると修理が難しいだけでなく、修理できたとしても元の状態に戻せない場合もあります。例えばスニーカーのソールが剥がれたという場合、部分的に少し剥がれているだけなら、修理工にお願いすればほぼ元通りに接着できる場合がほとんどです。

しかし、ソールが剥がれたまま履き続けてソールが破損するといったダメージがあるとソール自体を張り替えることになりますが、前と同じソールにできることはほとんどないので靴のデザイン性を損なう可能性もあります。

レザーシューズの場合、製法によっては何度でもソールの交換が可能ではありますが、ソール全体の交換は効果なのでつま先やかかとなどすり減りやすい部分は早めに補修してもらうのがポイントです。また、レザーシューズはかかとの内側も傷みやすく放っておくと芯材やアッパー自体がダメになってしまうので注意しましょう。